最近「入門書」というものをあまり読まなくなりました。
 この業界に入って10年以上経ちますが、入社当時はいろいろな入門書を片っ端から読んでいました。大学ではマーケティングとは無縁でしたから、何とか知識を身につけようと思ったからです。ところが読んだ先からどんどん中身を忘れていき、何か残った感じが全然しませんでした。それで入門書はつまらないものだ、と結論付け読まなくなってしまった記憶があります。大学の授業でも総論の教科書は大抵退屈だったなぁと思い出して、入門書なんてそもそもそんなものだと一人納得していたものでした。

 今考えると、何か残る気がしなかったのは、本の内容を理解するだけの経験が足りなかったからだろうと思います。

 ですから意外と、入門書に書いてある基礎的な事項は、ある程度実務経験がある人が、自分の仕事に行き詰った時、あるいは仕事にも1ランク上のクオリティが欲しいような時にこそ役に立つものかもしれません。この本を読んでそう思いました。学生やフレッシュマン向けに書かれている本だとしても馬鹿にはできません。もちろん本による良否はあるでしょうし、私も入門書ばかり読んでいるわけではないので、断言できないのですが。

 その本の内容ですが、マーケティング戦略を考える上での基本的な「思考のツール」群が紹介されています。まず吃瑤任蓮▲沺璽吋謄ング戦略のベーシックな方法論として、マーケティングミックス(4P)、ターゲット市場、製品ライフサイクル、市場地位に合わせた戦略の考え方について説明し、局瑤任蓮∋業戦略的な広い視点から市場や自社を見る方法が紹介されています。よくできているなぁと思うのは、簡易な説明で重要な要素を網羅しているだけでなく、読み進めるうちに、担当商品それ自体に焦点を当てたミクロな視点から、それを取り巻く市場や自社環境を理解するマクロな視点まで得られるように構成されていることです。さらに、マーケティング戦略は、ターゲットや市場ニーズとの「フィット」が重要だ、というユニークな視点が提示され、実際にそのコンセプトにしたがって説明が行われている点です。
 マイケル・ポーターの「競争の戦略」の概要なども示されており、入門書とはいえ意欲的です。(私はこの本で有名人ポーターさんの本の中身を知りました...)
 出版年が多少古いので、本書中に出てくる事例も少し古いものが多いのですが、そんなことはどうでもよく思えます。
 
 全体的にとても良心的に書かれた本だ、という印象で好感が持てました。
 それもきっと著者の「志」あってのことと思いますが、本書の書き出しの部分にこんなことが書いてあります。

「『悪貨は良貨を駆逐する』という《グレシャムの法則》を記憶している人は多いだろう。しかし、《計画のグレシャムの法則》を知っている人はそれほど多くあるまい。(中略)これは、『ルーチンな仕事はノン・ルーチン(創造的)な仕事を駆逐する』という人間の性向を示したものである。つまり、期日の迫った単純な仕事が目の前に山のように積まれていると、人間は長期的に考えなければならない重要な計画など考えなくなってしまうということである。」(P1)

「日々こなさなければならない仕事など腐るほどある。こういった状況では『つべこべいうな、お客さんのところに行ってこい』という意見が通りやすい。しかし、考えることが行動するよりも重要なのは、まさにこういう状況下である。(中略)このテキストが目指しているのは、単にマーケティング戦略をお勉強するためのガイドではなく、《計画のグレシャムの法則》に陥りがちな人に、重要なことを考える道具立てを提供することである。」(P2) 

 いいですね〜。まさに共感できます。このブログもそうしたものを目指したいです。私は志の高い人が基本的に好きなので、この著者(沼上幹さん)のファンになりました。
 この引用文に書かれているような立場に自分が置かれていると感じる人、是非読んでみてください。

☆沼上幹「わかりやすい マーケティング戦略」(2000年)有斐閣アルマ

わかりやすいマーケティング戦略