この本、変なタイトルですが、「紫の牛」とは、要するに「ありえないもの」のこと。ありえないもの、つまりすごく目立つようなものを売っていかないと、競争過多で、いつもお腹いっぱいの現代社会では消費者に買ってもらえないし、結果として生き残れないという主張です。さらに、ありえないものだから、最初は「イノベーター」層、つまり市場の5%にも満たない「オタク層」に受け入れられるようにしなさい、とも言っています。

この主張、前回紹介した「ポストモダンマーケティング」の主張と似ていますね。でもこの本のほうが過激なことをずっとお行儀よく言っているので、気持ちよく読むことができます。

著者のセス・ゴーデンは、かの一世を風靡した「パーミッション・マーケティング」の著者でもあります。ありえないものを「紫の牛」(!)に例えるあたり、シニカルでセンスありますね。

二〜三年前、家族でフランスをドライブ旅行していたときのこと、高速道路のすぐそばの絵のように美しい草原で何百頭もの牛が草を食んでいる様子に魅了された。(中略)だが、二〇分もしないうちに、牛のことを気にとめなくなった。どの牛も同じようで、驚きはなくなってしまった。もっと悪いことにうんざりしたのだ。牛というのは、しばらく見ていれば退屈するものだ。(中略)しかし、「紫の牛」がいる。それなら興味を引くだろう(しばらくは・・・・・・)。(p10-11)

そりゃそうですね。最後の「しばらくは・・・」というところがいいです。「紫の牛」とはいえ、やはり限度があるもの。しかしそれでもチャレンジしないとダメなわけです。マーケティングはいつも理想と現実との板ばさみであって(きっとなんでもそうですね)、それをわきまえながら過激なこというスタイルがとても私的にはいい感じです。

もともとこの本の存在は、会社の同僚(女性)の話がきっかけで知りました。新規で担当することになったある化粧品メーカーさんへの訪問から帰って来た彼女いわく、「あのー、クライアントさんが、『あなたたち、紫の牛を見つけるのよ! ムラサキノウシ! わかった!!』っていうんですよー。『ムラサキノウシ』って何ですか?」。「ムラサキノウシ???」・・・。そこでネットで検索して、それは本の名前であり、上記で書いたようなものであることがわかりました。(しかし、突然「紫の牛を見つけるのよ」と言われた彼女は、困ったお客さんを担当することになったな、と思ったでしょうね。その後の経過は聞いていませんが・・・。)
クライアントさんが言いたくなるくらい、いい本ではあると思います。

とはいえ、著者はこんなことも書いています。

それではつねに「紫の牛」を生み出す絶対確実な方法が方法があるだろうか?(中略)もちろん、ない。
妙案はない。「紫の牛」をつくり出した会社もほとんどが、やがては不景気に見舞われているのを見ると、必ず実を結ぶものを列挙しているルール・ブックなどないことがわかる。この「紫の牛」を見抜くのがきわめて難しいのは、そのためでもある。(p110)


「紫の牛」は生み出すのも、維持するのも難しいということなのでしょう。
それだけに「マーケティング」というものは、データ解析ではなくて、絶えざるクリエイティビティの方がより重要だということになるのだと思います。

☆セス・ゴーディン、門田美鈴訳「『紫の牛』を売れ!」(2004年)ダイヤモンド社

「紫の牛」を売れ!